半固体タイプのドッグフード

半固体タイプのドッグフード

一般的にドッグフードというと、カリカリに乾燥させたドライフードです。
缶詰などもありますが、ドライフードと缶詰の中間が、半固体ドッグフードです。

半固体のドッグフードは水分量が多いので、触っただけでもドライフードに比べるとかなり柔らかい事がわかります。
原料はメーカーによる違いもありますが、肉に似せて作るため添加物を使用している物が多いです。

もちろん中には材料にこだわり、添加物などを一切使用しない半固体のドッグフードもありますが、こういう物は安全性が高いというメリットがあっても、コストがかかるので価格が高めです。
半生タイプと表示される事もありますが、パッケージをよく見て使用している成分をチェックしておきましょう。
イメージとしては犬用のおやつにあるジャーキーのような感触です。

ドライフードに比べて水分量が多いので、傷みやすいのもデメリットです。
ドライフードに比べると消費期限は短くなります。
冷蔵庫で保管し早めに食べきれば問題ありませんが、大抵は防腐剤や防カビ剤を大量に使用しているので成分次第では犬の健康を損ねます。
長期間持つような場合は、保存料や防カビ剤を使用しているので避けておいたほうが良いでしょう。