トウモロコシ入りのドッグフード

トウモロコシ入りのドッグフード

トウモロコシ入りのドッグフード

犬にとって穀物は消化しにくく胃にも体にも負担をかけます。
ドッグフードを作る時はコストを抑えるために、安価な穀物を多く使いますがメリットはあるのでしょうか?

トウモロコシなど炭水化物メインのドッグフードは安価で、購入しやすいのがメリットです。
しかし犬は穀物を消化するのが苦手ですし、体質によってはアレルゲンとなる事も多く、価格が安い以外のメリットが見当たりません。
アレルギーがなくても、体に掛かる負担を考えたら、できるだけトウモロコシを使用していないドッグフードを選ぶのが賢明でしょう。

実際にホームセンターや量販店で、必ずと言っていいほど見かける安価なドッグフードには、トウモロコシが使われています。
ほかにも小麦や米、豆類がありますが、基本的に犬は穀物が苦手です。
ドッグフードに加工してあるので、トウモロコシや小麦をそのまま食べるわけではありませんが、できれば避けておきましょう。

少し価格が高く材料にもこだわっている、無添加のドッグフードには、トウモロコシを使った物がほとんどありません。
穀物の中では大麦が比較的消化しやすく犬にも優しいので、上質のドッグフードには大麦で必要な栄養を補っています。

市販のドッグフードを購入する時は、値段だけでなく、成分をよく確認する事が大切です。